の途端に空が急に暗

佐久間はこのことはよいとした。
「では。すぐに殿と都に早馬をやろう」
「そうしようぞ」
 こうしてだ。彼等はすぐに信長と都に早馬をやったのだった。そうしてだ。
 六角家のものだった城の一つに入った。するとだ。
 その途端に空が急に暗くなりだ。そうしてだった。
 最初はぽつぽつと、そしてすぐにだ。大雨になった。その大雨を浴びながらだ。織田家の者達は喜びの声をあげたのだった。
「おお、雨じゃ!」
「雨じゃぞ!
「水が飲めるぞ!」
http://www.691bc.com
財布 革 ブランド
レディース 財布 ブランド
「恵みの水じゃ!」
「よし、水を飲むのじゃ」
 柴田も周りに言う。
「思う存分じゃ。まさに天の恵みじゃ」
「全くじゃな」
 佐久間もいる。見れば彼等は既に雨で派手に濡れている。しかしだ。
 その雨を満足している顔で受けている。そのうえで彼は柴田に言うのだ。第八十五話 瓶割り柴田その九

「いい雨じゃのう」
「そうじゃな。これ以上はないまでにな」
「では今日は酒ではなくじゃな」
「うむ、水で祝いじゃ」
 そうするというのだ。
「水をふんだんに飲み祝いとしようぞ」
「そうじゃな。それがよいな」
「今回の勝ちにはそれが相応しい」
 こう話してだ。この夜は酒を出さずにだ。それぞれ杯に水をたたえてだ。それをぐびぐびと飲みながら宴を行った。その宴の場においてだ。
 前田がだ。水を飲みながらだ。柴田に対して言った。その言う言葉とは。
「しかしあれには驚きました」
「あれとは何じゃ」
「はい、出陣前に瓶を割りましたな」
「ああ、あのことじゃな」
「まさに退路を断った、それでしたが」
「背水の陣じゃ」
 それだとだ。柴田はその前田に答えた。
「退けぬとわかれば人は必死に戦うのう」
「ですな、史記にもありますな」
「項羽、そして韓信が行った」 
 まさに史記にある逸話だ。二人の英傑はそれぞれ背後に川を置き退路を断ちだ。そのうえで自軍を死地に置き決死の覚悟で敵に挑んだのである。
 そしてその結果どうなったかとだ。柴田は語るのである。
「どちらの英傑もそれにより勝ったのう」
「確かに」
「わしはそれをやったのじゃ」
 背水の陣、まさにそれだったのだ。
「水があればそれに甘えるのう」
「ですな。それは確かに」
「ならばその水を断てばよい」
 柴田も水を飲みながらだ。そのうえでの言葉だった。
「さすれば兵達は力を引き出す」
「ううむ、この暑さの中で六角の軍勢にあそこまで勝つには」
 佐々は水だけではなかった。瓜も食っていた。
「我が織田の兵では普通にやっては難しかったですな」
「織田の兵は弱い」
 柴田はこのこともよくわかっていた。だからこその言葉だった。
「そうおいそれと完勝することはできぬ」
「それもあってですか」
「勝つにしても生半可では駄目じゃ」
 柴田はこうも言った。
「この戦ではそうじゃった。だからじゃ」
「成程、力を極上まで引き出されたのですか」
「そういうことじゃ。だからじゃ」
 柴田は川尻にも述べた。
「ああした。そしてそれは正解じゃったな」
「思い切った策じゃった」
 今度は佐久間が述べる。彼は水と塩を同時に口にしている。
「だがそれがよかった」
「よかったというのじゃな」
「御主らしかった」
 こうも言う佐久間だった。
「思い切っていてそれで強いからのう」
「強いからわしか」
「それでいて意外と細かい」
 佐久間は柴田のそうした一面も見抜いていた。そのうえでの言葉だった。
「まさに御主らしいわ」
「言うのう。褒めても何も出ぬぞ」
「ははは、最初から欲しがったはおらんわ」
「何じゃ、そうなのか」
「勝ってそれ以上何を望むのじゃ」
 佐久間もだ。笑った柴田に応える形で述べる。
「何もいらぬわ。後は殿からの
[PR]
by diaolo | 2013-10-08 12:52
←menu