カテゴリ:未分類( 4 )

優しい男の子に恋するのが王道なのよ?」
「勝手に俺の設定を決めるなあああぁぁぁッ!」
「ハーレムアニメの定番なのに。あなたは《男勝り系》ね」
「だから勝手に決めるな!」
「だって、ポニーテールだし、めちゃくちゃ強気なのに実はホラー話が苦手って、榛名そのものじゃない」
「うわーッ! 言うな! 恥ずかしい事言うなぁッ!」
 顔をさらに真っ赤にして春名は慌てて長門の口を塞ぐが、時すでに遅し。
「あ、あの陸奥さん。榛名さんって怖い話だめなんですか?」
「う、うん。昔からね」
「へぇ、じゃあ今年の夏に肝試しやりましょうか?」
「あ、それいいね」
「コラそこの外野! コソコソうるさい!」
 榛名は叫び疲れたのか肩を激しく上下させて呼吸している。そんな彼女に攻撃の手をまったく休めない長門。
「それにほら、『強がりを言っているが本当は主人公に対する好きな気持ちを素直に出せないでいる』。まさにこれじゃない」
「誰が主人公だ! 誰が誰を好きなんだ!」
「あら、主人公はもちろん長谷川君で、榛名が長谷川君の事を好きなのよ」
「長門! テメェ覚悟の上でやってんだろうなぁッ!」
「覚悟の上は覚六覚七覚八覚九???etc」
「うるせえッ! 上るんじゃねぇッ!」
 一人激昂している榛名を無視し、長門は一枚の紙を取り出した。
「ちなみに陸奥と大和、他の艦魂ほとんどがこの《清純派》っていう分類に入るわね」
「そ、そんな、清純だなんて」
「ちなみにこれは各系統に分かれるから必ずしも純粋な女の子という意味じゃないからね大和」
http://www.dx345.com/
ヴィトン バック
ヴィトン ショルダーバッグ
ヴィトン ショルダー
「そ、そうなんですか」
 少し残念そうな大和だった。
「この《男勝り系》はもう榛名しかいないわね。たぶんこのまま進行するとさらにこの《ツンデレ系》の要素も加わるわね」
「いいなぁ、一人でこんなに要素があるなんて」
「あと他にはこの《委員長系》は祥鳳が該当するわね」
「じゃあ、この《お嬢様系》は瑠璃さんですね。憶測ですが」
「そうね。あとは雰囲気的には伊勢も該当するわね」
「ほんま? うちがお嬢様やなんて嬉しいわぁ」
「そしてこの《お姉様系》は私や扶桑が該当するわね」
「比叡さんも該当しましたよね」
「まぁね。この《天然ボケ系》は???日向かな?」
「でも、日向はこっちの《ロリ系》と組み合わせですよね」
「そうね。この《耳年増系》は???いないわね。これといった者は特に」
「お姉様は色恋ざたの《耳年増系》だと思うけど」
「そう? この《ロリ系》はさっきの日向もそうだけど、純粋に言ったら隼鷹よね?」
「確かに、あれは《ロリ系》の中の分野の一つ、《妹系》ですよね」
「最後にこの《ミステリアス系》。この分野の中でも《内気系》だったら霧島。《無口系》は山城や武蔵が該当するわね」
「どちらかって言うと、武蔵は《ミステリアス系》全ての要素を持ってるんじゃないですか?」
「そうだよね。あの子は不思議かつ電波キャラだよ。きっと」
 考え込む三人に、すっかり忘れられてしまった人物が怒りの炎を燃やして咆哮する。
「ゴラアアアァァァッ! 無視すんじゃねえええぇぇぇッ!」
「あら、忘れてたわ」
 長門は罪のない笑みを向けると、ガルルルと唸る榛名の肩をポンポンと叩き、長門はそんな不器用な恋する乙女に激励をする。
「がんばってね榛名。恋敵は多いけど、私はあなたも応援するわよ」
 キレた。確実にキレた。
 榛名のポニーテールが怒りの炎のようにゆらゆらとダークに華やぐ。
「あ、あらあら」
 さすがの長門も張るなの激怒ぶりに笑顔も引きつっていた。そんな彼女に向かって榛名は怒号を発した。
「ブッ殺すッ!」
 艦魂の標準装備である軍刀を抜刀し、長門に切りかかるが、彼女は紙一重でこれ
[PR]
by diaolo | 2013-10-16 16:19

「取舵いっぱぁぁぁいッ!」
 高柳が伝声管に向かって絶叫のような声で叫ぶ。
 『大和』は左に急速回頭する。魚雷と艦を一直線にして相対面積を小さくし、回避率を上げる。対魚雷の基本的な回避行動である。
 四本の魚雷と『大和』はすさまじい速度で近づく。
「少尉!」
 大和は翔輝の胸に飛び込む。実戦経験のない大和はいきなりの奇襲攻撃に顔を真っ青にして恐怖に身体を小刻みに震える。翔輝はそんな大和をしっかりと抱き締める。
「大丈夫。艦長ならきっと避けられる。安心して」
「少尉???ッ!」
 腕の中で震える大和を、翔輝は強く抱き締める。
『魚雷接近!』
 伝声管から響く見張り兵の声に、全員が息を呑んだ。そして???

 『大和』はギリギリで魚雷全本を回避。駆逐艦数隻が敵潜水艦撃沈の為に魚雷が来た方向に向かって行ったが、駆逐艦は敵潜水艦を発見する事はできなかった???

「バカ者おおおおおぉぉぉぉぉッ!」
http://www.nb9z.com
ロンジン 腕時計
nixon 大阪
 すさまじい怒号が響き、三人の水兵服を着た少女が吹き飛び、冷たい鉄の床に激しく叩きつけられた。
 三人は怯えた目で自分達を吹き飛ばした金髪碧眼の女性を見詰める。その瞳にはすさまじい怒気が込められていた。
「貴様らは一体何をしていたのだッ!」
 竹刀を床に激しく叩きつける。バシィンッ! というすさまじい音に、三人の少女は涙目になって必死に土下座をする。
『も、申し訳ありませんッ!』
「ならんッ! 敵潜水艦を発見できんのは貴様らの精神が弛(たる)んでいるからだッ! 猛省せいッ!」
「金剛さん! もうやめてください! もういいですから!」
 大和が悲痛の叫びを上げて止めるが、金剛はそんな大和にも激怒する。
「何をバカな事を言っている! 貴様はこいつらのせいで死ぬ所だったんだぞ!?」
 金剛は《海軍精神注入刀》と名づけている竹刀を床に倒れている三人の少女達に向ける。少女達は「ひぃッ」と小さな恐怖の悲鳴を上げる。
 この三人は先程艦隊の左側を担当していた駆逐艦達だ。金剛はこの三人が敵潜水艦を警戒していながらもそれに気づかず、むざむざ魚雷を放たれた上に追跡も失敗した事に激怒し、三人に処罰を加えていた。
 金剛は血走った目で三人を睨む。
「さぁ立てッ! 海軍精神叩き込んでやるッ!」
『はいッ!』
 三人は今にも泣きそうな顔で一瞬で立ち上がる。
「歯を喰いしばれッ!」
『はいッ!』
「金剛さん! 私は無事なんですからもうやめてください!」
 大和は金剛の袖を掴むが、簡単に解けた。
 金剛は優しすぎる感情中心の現連合艦隊旗艦の大和を見て、さらに堪えられない怒りを解放して激昂する。
「貴様がちゃんとせんから水兵は弛むんだッ!」
 金剛は大和の襟(えり)を乱暴に掴み、ぐいっと大和の足が背伸びするぐらいまで持ち上げる。息ができなくて、大和は苦しむ。
「金剛さん???ッ! 苦しい???ッ!」
「こ、金剛さん! やめてくださいッ!」
 ここで今まで黙っていた翔輝が動いた。軍人として、処罰自体は止める事はできない。それが帝国海軍の伝統だからだ。しかし、今目の前で行われている行為は明らかに軍規違反だ。
 翔輝は金剛の腕を掴んで大和を引き離す。そんな翔輝の行動に金剛はさらに激怒する。
「貴様! 邪魔するのか!?」
 金剛は翔輝に牙を向けるが、翔輝だって帝国海軍軍人。負けずに食らい付く。
「これは明らかに軍規違反ですよ!?」
「やかましいッ! 貴様には関係ない! すっこんでろッ!」
「できませんッ! これは帝国海軍規則第三条第四項に――ッ!?」
 翔輝の言葉はそれ以上続かなかった。
[PR]
by diaolo | 2013-10-14 15:34
佐久間はこのことはよいとした。
「では。すぐに殿と都に早馬をやろう」
「そうしようぞ」
 こうしてだ。彼等はすぐに信長と都に早馬をやったのだった。そうしてだ。
 六角家のものだった城の一つに入った。するとだ。
 その途端に空が急に暗くなりだ。そうしてだった。
 最初はぽつぽつと、そしてすぐにだ。大雨になった。その大雨を浴びながらだ。織田家の者達は喜びの声をあげたのだった。
「おお、雨じゃ!」
「雨じゃぞ!
「水が飲めるぞ!」
http://www.691bc.com
財布 革 ブランド
レディース 財布 ブランド
「恵みの水じゃ!」
「よし、水を飲むのじゃ」
 柴田も周りに言う。
「思う存分じゃ。まさに天の恵みじゃ」
「全くじゃな」
 佐久間もいる。見れば彼等は既に雨で派手に濡れている。しかしだ。
 その雨を満足している顔で受けている。そのうえで彼は柴田に言うのだ。第八十五話 瓶割り柴田その九

「いい雨じゃのう」
「そうじゃな。これ以上はないまでにな」
「では今日は酒ではなくじゃな」
「うむ、水で祝いじゃ」
 そうするというのだ。
「水をふんだんに飲み祝いとしようぞ」
「そうじゃな。それがよいな」
「今回の勝ちにはそれが相応しい」
 こう話してだ。この夜は酒を出さずにだ。それぞれ杯に水をたたえてだ。それをぐびぐびと飲みながら宴を行った。その宴の場においてだ。
 前田がだ。水を飲みながらだ。柴田に対して言った。その言う言葉とは。
「しかしあれには驚きました」
「あれとは何じゃ」
「はい、出陣前に瓶を割りましたな」
「ああ、あのことじゃな」
「まさに退路を断った、それでしたが」
「背水の陣じゃ」
 それだとだ。柴田はその前田に答えた。
「退けぬとわかれば人は必死に戦うのう」
「ですな、史記にもありますな」
「項羽、そして韓信が行った」 
 まさに史記にある逸話だ。二人の英傑はそれぞれ背後に川を置き退路を断ちだ。そのうえで自軍を死地に置き決死の覚悟で敵に挑んだのである。
 そしてその結果どうなったかとだ。柴田は語るのである。
「どちらの英傑もそれにより勝ったのう」
「確かに」
「わしはそれをやったのじゃ」
 背水の陣、まさにそれだったのだ。
「水があればそれに甘えるのう」
「ですな。それは確かに」
「ならばその水を断てばよい」
 柴田も水を飲みながらだ。そのうえでの言葉だった。
「さすれば兵達は力を引き出す」
「ううむ、この暑さの中で六角の軍勢にあそこまで勝つには」
 佐々は水だけではなかった。瓜も食っていた。
「我が織田の兵では普通にやっては難しかったですな」
「織田の兵は弱い」
 柴田はこのこともよくわかっていた。だからこその言葉だった。
「そうおいそれと完勝することはできぬ」
「それもあってですか」
「勝つにしても生半可では駄目じゃ」
 柴田はこうも言った。
「この戦ではそうじゃった。だからじゃ」
「成程、力を極上まで引き出されたのですか」
「そういうことじゃ。だからじゃ」
 柴田は川尻にも述べた。
「ああした。そしてそれは正解じゃったな」
「思い切った策じゃった」
 今度は佐久間が述べる。彼は水と塩を同時に口にしている。
「だがそれがよかった」
「よかったというのじゃな」
「御主らしかった」
 こうも言う佐久間だった。
「思い切っていてそれで強いからのう」
「強いからわしか」
「それでいて意外と細かい」
 佐久間は柴田のそうした一面も見抜いていた。そのうえでの言葉だった。
「まさに御主らしいわ」
「言うのう。褒めても何も出ぬぞ」
「ははは、最初から欲しがったはおらんわ」
「何じゃ、そうなのか」
「勝ってそれ以上何を望むのじゃ」
 佐久間もだ。笑った柴田に応える形で述べる。
「何もいらぬわ。後は殿からの
[PR]
by diaolo | 2013-10-08 12:52
に向かう前に堺に寄りたかったため、官兵衛と別れた。
 堺では牛太郎の逆鱗に触れる出来事が起こっていた。
 堺に入った一行は、当然、なんの疑問も持たずに、今井宗久から借り受けている屋敷にやって来たのだが、屋敷内はがらんどうで、住んでいるのは宗久の使用人だという小者の男一人だった。
「茶屋殿ならその辻を曲がってずっと行ったところに移られましたよ。大きな棟門を構えられているので、すぐにわかるはずです」
 牛太郎はすでに拳を握り締めて震えている。
 栗綱から下馬したまま、使用人に教えられたとおりの道のりを辿っていくと、なるほど、稲葉山の自宅の板葺きのそれよりも見事な瓦門がそそり立っている。仰々しく閉ざされていて、あろうことか太刀を帯びた番兵が一人、門前にて睨みをきかしていた。
「あの野郎……。この前来てからまだ一年ちょっとしか経ってねえぞ……。なんて成金根性してんだ、あいつ……」
「な、中島殿はそこまで財を成しているのか」
http://www.watchsremains.com

 と、弥八郎も絶句している。栗之介は呆れて笑っていた。
「別によいではないですか。殿の配下の中島殿が財を成しているということは、殿もそれだけ財を成したということでしょう」
「そういう問題じゃねえっ!」
 牛太郎は門隣の通用門に飛びついていき、錠をがちゃがちゃとやみくもに扱ったが、
「な、なんなんだ、お前!」
 番兵に引き剥がされて、道端に叩きつけられてしまう。血相を変えて抜刀し、牛太郎に構える番兵。
「ここが茶屋四郎次郎様のお屋敷だと知ってのことか!」
 牛太郎の怒りは頂点に達した。尻餅をついたまま太刀を鞘から抜き払い、
「テメーこそおれが誰だかわかってんのかっ!」
 おもむろに起き上がると、番兵に向かって振り落とそうとした。栗之介と弥八郎があわてて掴みかかるも、牛太郎は左手に太刀を振り回しながら喚き立てる。フォルティス 時計
エポス 腕時計
「シロジロっ! 出てこいっ! ぶっ殺してやるっ!」
「落ち着けって、旦那っ」
「おれに内緒でふざけたことしやがってっ!」
 すると、通用門の覗き窓から悶着を見つめてくる目があった。長い睫毛をしばたたかせながら、大きく縁取られた瞼に寄り目ぎみの瞳を置いているのは、彩だ。
「あーやっ! 一体どういうことだ、あーやっ!」
 ようやく、通用門の扉が開いた。黄色の小袖をまとった彩が現れて、
「彩様っ。危険ですから、お控えくださいっ」
 などと、番兵は信じ難い敬いようである。彩も彩で、澄まして突き上げている鼻先に、どこぞの小豪族の娘ばりの威風をかざしており、
「よいのです。こちらの御仁は織田様の御家来、簗田出羽守殿です。お通しして差し上げなさい」
 と、番兵を即座にひざまずかせ、牛太郎ならず、栗之介も弥八郎も棒立ちさせた。彩に会ったことのない利兵衛だけは、口を半開きにして見とれている。
「な、な、なんの真似だ、あーや」
「立ち話もなんですから、中へ。――何をしておるのですか。客人をお通ししますゆえ、開門しなさい」
「は、はいっ」
 番兵はあわてて屋敷内へと駆け入り、鍵板を外して重々しい門を広げていく。狐につままれたように立ち尽くす牛太郎の視界には、五、六人ばかりの男女、奉公人や女中たちが騒動に恐々としながら彩の顔色を伺っているのが入ってくる。
「さ、どうぞ、お入りください」
 女番頭のように取り仕切っている彩に促されて、主人の牛太郎は固唾を飲み込みながら門をくぐる。彩に引き入られる一行に、奉公人たちはささっと道を開け、牛太郎は栗之介と顔を見合わせてしまう。
 くぐりいると、まず、庭だった。松の木が一行を迎え入れるようにして枝葉を伸ばしていて、玄関口までの通路は緑苔の絨毯に飛び石が埋め込まれている。端のところどこ
[PR]
by diaolo | 2013-10-04 15:54
←menu